Google

北海道、札幌市、手稲区、行政書士、海事代理士、ボート、水上バイク、免許更新・失効再交付・紛失、自動車・船舶売買登録、海外売船、潜水士試験、各種運送業許可申請、会社設立・定款作成

ダイビング器材(ウエイト) 2

ダイビング器材(ウエイト) 2

ウエイトを装着する方法ですが

今回は腰に取り付ける場合です。

300 x 200

 ↑ バックルを左側,ベルトの先を
   右側に置きます。

これを跨いで写真で言えば
上側に立ちます。

それぞれ左手と右手にベルトをつかみ
腰のところにもって行きます。(持ち上げる)

重いですので,腰から上を前に倒すように
傾姿勢をとり,腰の上にウエイトを
乗っけるような感じをとると楽です。

次に ↓ このように右手のベルトの端を
左側のバックルの中に通してバックルを
閉めて,終わりです。

水の中に入ると,緩む場合があり,
ベルトとウエイトの位置がずれたりしますので
潜水後,再度,締め付けるのも有効です。

300 x 200

ウエイトはいつでもすぐにはずせるように
バックルに通した右端の部分が長くても
巻きつけたり縛ったりしてはいけません。

300 x 200

緊急時には ↓ ベルトの右端を
右手でつかんで,手前に引き出します。

300 x 200

  ↓ バックルがすぐに外れますので

300 x 200

右手でベルトを持っている部分を
持ち替えて引き抜いてください。

300 x 200

緊急時にはそのまま,水中に捨てると
ウエイトの重量がない分,浮力が
えられますので,浮上をはじめます。

浮上する際の注意点もありますが
それはまた機会があれば説明します。

あくまでも緊急時の対処方法ですので
練習などのほかむやみやたらにウエイトを水中に
落とさないでくださいね(笑)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへhttp://marine.blogmura.com/diving/
にほんブログ村人気ブログランキングへhttp://blog.with2.net/link.php?1043317

コメント


認証コード2335

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional