Google

北海道、札幌市、手稲区、行政書士、海事代理士、ボート、水上バイク、免許更新・失効再交付・紛失、自動車・船舶売買登録、海外売船、潜水士試験、各種運送業許可申請、会社設立・定款作成

熱対流(潜水士試験)

熱対流(潜水士試験)

ウエットスーツは、スーツの中に入ってきた水を
体温であたためて、それを保持することで

熱伝導と熱対流を防いでいます。

熱対流とは

簡単に言うと、暖められた水が動くことを
いいます。

むかし、学校の実験でやったことがあるかもしれませんが
ビーカーに水を入れ、ランプで下を暖めると

暖められた水は、下から上にむかって動いていたのを
覚えている方もいるのでは。

この動きが熱対流です。

これが広い海とかの場合は、体温によって暖められた水は
直ぐにどこかへ動きます。常に体の回りには温められた水は
ありません。

これに先日お話した熱伝導がかさなりますから
どんどん体温は奪われます。

ウエットスーツは、体温で温めた水をスーツ内にある程度
閉じこめておきますので、熱対流と熱伝導による体温の低下を
防いでくれるわけです。

ところが、このウエットスーツが、自分の体に合わない場合
はどうなるでしょうか・・・・

体温によって暖められたスーツの中の水が常に流れ出てしまって
熱対流が起こっているのと同じになります。

ですから、自分の体に合ったウエットスーツが一番なんですね。

寒くなれば、ダイビングや仕事どころではアリマセン。
命を落としてしまいますので

体温を奪われないようにスーツも含め、フード、グローブなど
体温を十分保護することによって、ダイビングであれば
楽しく海の中で過ごすことができるようになります。

それが、また、海の中を楽しくさせてくれるんですね。

最初は無理としても、自分にあった器材を持つことの
重要性が少しはわかってもらえるとうれしいですね^^

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへhttp://marine.blogmura.com/diving/blogram投票ボタンhttp://blogram.jp/users/agent/vote/?uid=100860#ref=vote
にほんブログ村

コメント


認証コード7269

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional