Google

北海道、札幌市、手稲区、行政書士、海事代理士、ボート、水上バイク、免許更新・失効再交付・紛失、自動車・船舶売買登録、海外売船、潜水士試験、各種運送業許可申請、会社設立・定款作成

特別の教育 (潜水士試験) 1

特別の教育 (潜水士試験) 1

潜水士試験に出題される

「関係法令」の中で

過去問題には余り出題されていない問題を

今回はピックアップしてみました 。

「高気圧作業安全衛生規則 第11条 特別の教育」

過去の出題傾向は

「事業者は次の業務に労働者を付かせるときは、当該労働者に対し
当該業務に関する特別の教育を行わなければならないもののうち、
正しいものはどれか。

という選択問題で、該当するのは

同条第4号の 
「潜水作業者への送気の調節を行うための
バルブ又はコックを操作する業務」

同条第5号の 
「再圧室を操作する業務」

の二つだけで、いろいろ列挙されている中に
どちらかの同条第4号か第5号の条文があり
それが正解となっていましたが、

最近はもう少し、深く入り込んでいるようですね。

同条第4号の 
「潜水作業者への送気の調節を行うための
バルブ又はコックを操作する業務」で教育すべき事項のうち
誤っているものはどれか。

同条第5号の 
「再圧室を操作する業務」で教育すべき事項のうち
誤っているものはどれか。

などの問題が出題されてます。

この傾向はなかったので、テキストを読んで
頭に入れておくことが必要ですね。

同条第4号の 
「潜水作業者への送気の調節を行うための
バルブ又はコックを操作する業務」で教育すべき事項は

1 潜水業務に関する知識に関すること
2 送気に関すること
3 高気圧障害の知識に関すること
4 関係法令
5 送気の調節の実技

同条第5号の 
「再圧室を操作する業務」で教育すべき事項は

1 高気圧障害の知識に関すること
2 救急再圧法に関すること
3 救急そ生法に関すること
4 関係法令
5 再圧室の操作及び救急そ生法に関する実技

となっております。

これら以外のことが書かれていれば、

それが誤りですし、

逆に正しいものを選べという出題なら

ここに書かれている各事項を選ぶこととなりますね。

潜水士テキスト P328~329です。

にほんブログ村 資格ブログへhttp://qualification.blogmura.com/blogram投票ボタンhttp://blogram.jp/users/agent/vote/?uid=100860#ref=vote
にほんブログ村

コメント


認証コード5929

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional