Google

北海道、札幌市、手稲区、行政書士、海事代理士、ボート、水上バイク、免許更新・失効再交付・紛失、自動車・船舶売買登録、海外売船、潜水士試験、各種運送業許可申請、会社設立・定款作成

ボート免許試験の身体検査合格基準 

ボート免許試験の身体検査合格基準 

北海道でもそろそろボートで海のレジャーを楽しむ季節がやってきましたね^^

ボート免許は水上バイクの登場によって、若い人でも取得する人がどんどん増加し
特に女性の取得も目立つようになってきました。
海のレジャーには欠かせない資格の一つになってきています。

で、4月から一部、試験の検査基準が改正されます。
この身体検査基準にまずはじめに合格しなければ、学科も実技も受験できません。

ですが、ほとんどの人が合格しますので心配はありません。



水上バイク

重度の視力・弁色力・聴力・疾病・身体機能の障害がなければ大丈夫なんです。

簡単(一部省略してます)にですが、

1 視力
  (矯正視力を含む)が両眼ともに0.5以上、
  以前は、0.6でしたが、これが緩和されました。
  
2 弁色力
  夜間において船舶灯火の色を識別できること
  (赤、緑、白色、黄)

3 聴力
  船内の騒音を模した騒音の下で300mの距離に
  ある汽笛の音に相当する音を弁別できること
  (補聴器により補われたものを含む)

4 疾病及び身体機能の障害の有無
  心臓疾患、眼疾患、精神の障害、言語機能の障害、
  運動機能の障害、その他の障害があっても軽症で
  小型船舶操縦者の業務に支障をきたさないと認められること

ということですから、ほとんどの人がこの試験はパスしますね。

身体検査は、試験当日会場で受けることもできますし、

あらかじめ、検査項目が記載された指定用紙に医師の
証明をいただいて、提出することによっても可能ですね。

詳しく知りたい人は、ご相談くださいね^^

いいね!ツイート!g+、などで応援していただけると嬉しいです。

コメント


認証コード7795

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional