Google

北海道、札幌市、手稲区、行政書士、海事代理士、ボート、水上バイク、免許更新・失効再交付・紛失、自動車・船舶売買登録、海外売船、潜水士試験、各種運送業許可申請、会社設立・定款作成

資格も過去の自分が関係している?

資格も過去の自分が関係している?

学はない私ですが、以前働いていたところでの
内部試験などを受けた経験や各種資格を取得した経験から
ある程度知識のある・知っている法規などは、
頭から問題集をやっていきました。

そして、間違ったところは条文を見る読む。
それを何度も繰り返しました。

まったく、知らない資格に挑戦しようと思ったときは、
本屋の立ち読みで問題集などを読んで、
興味があり、続けていけそうなものを選びました。
まあ、それでも眠っている資格はありますが(笑)

興味が沸かなかったり、続けられないと判断した場合には、
やりませんでした。

自分で続けられないと思ったものは、途中で挫折する確立が高いものです。
簡単・難しいからではなく、興味がある、
続けられると思った資格を選ぶことが大事だと思います。
これは、今までの人生と無関係ではないと思います。

子供のころ、やりたかった仕事だったり、
学校の勉強で得意だった科目か関係したりしていて、
意識はなくてもそういうものを選んでしまうかもしれません。

過去の自分といろいろつながっていると思いますよ。
今は、わからないことがあれば、ネットで何でも調べられますので、
大分楽になりましたが・・・

全く初めての資格に挑戦するときは、独学・通信・通学の
どれにするかを選ぶ前に、市販の問題集を1冊安いのを
買ってやって見ました。

ある程度理解できるときは独学で、
理解できない場合が多い場合は通信を
というような勉強方法をとりました。

それぞれ、自分の勉強の仕方があると思いますので、
参考になればと思います。

最近、いろいろな国家資格試験が始まっています。
終わっているのもありますが、今年、受ける人も
来年の合格を目指して今から始める人も、健康に留意して
乗り切りましょうね。

いいね!ツイート、g+、ブックマークなどして応援していただけると
嬉しいです。




http://samurai.blogmura.com/

コメント


認証コード3585

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional