Google

平成28年10月改正潜水士テキスト対応、潜水士試験の無料講座・問題集・解答・解説・合格者多数 藤田海事代理士 北海道札幌市

潜水の種類について

潜水の業務

潜水の種類について

  • 今回の一部改正高圧則において、空気以外の混合ガス潜水と純酸素の使用が認められてことから、大きく次のような種類に分類されます。
  • 1 呼吸ガス(空気、混合ガス)によるもの
  • 2 潜水方式(潜水器、潜水設備)によるもの
  • 3 減圧(空気、酸素)方法によるもの

以下、それぞれについて見ていきます。

呼吸ガス(空気、混合ガス)によるもの

  • 呼吸ガスは、大きく「空気」と「混合ガス」に分けられ、潜水深度が浅い場合には空気が、深い場合には混合ガスが使用されます。

空気潜水

  • 空気による潜水は、窒素酔いを防止するため、高圧則第15条によって、潜水深度は40mまでに制限されています。(空気も厳密には混合ガスですが、潜水においては空気は空気潜水とします。)
  • 空気潜水は、潜水の基本型といえます。

ナイトロックス(窒素・酸素混合ガス)潜水

  • 酸素濃度21%以上(酸素中毒にならない程度)の酸素と窒素を組み合わせたものであり、混合ガスの一種ですが空気潜水に分類されます。
  • これは、ヘリウムなどを使用した深い潜水を目的とするものではなく、空気潜水よりは窒素の分圧が低いので、減圧するときに時間を短縮できるという利点があります。

混合ガス潜水

  • ヘリウムを用いた潜水で、窒素のように高圧下で麻酔作用を生じないため、深い潜水用に使用されます。また、空気潜水では、高圧則で深度40m以上の潜水はできないため混合ガスが使用されます。
  • 混合ガス潜水では、浮上時に混合ガスから空気や酸素への呼吸ガスの切り替え(ガス・スイッチ法)を行ったりするため、知識や技術の人員、設備などが整った状態で行われます。
  • なお、高圧則第1条の2第6号(定義)によって、使用される不活性ガスは、窒素とヘリウムに限られています。

ヘリオックス(ヘリウム・酸素混合ガス)潜水

  • ヘリウムと酸素を使用した混合ガスで、混合比は、潜水深度によって異なりますが、酸素中毒にならない酸素分圧160kPa以下(高圧則第15条第1号)となります。
  • 空気潜水では、40mを超えると高分圧窒素の麻酔作用による窒素酔いが生じますが、ヘリウムガスにはないので深い潜水に用いられます。
  • また、ヘリウムの密度が小さいので呼吸抵抗が少ないなどの利点もあります。
  • 欠点としては、音声歪みが大きく、明瞭度が低下する(ドナルドダック・ボイス)こと、ガスの価格が高価なことなどがあります。

トライミックス(ヘリウム・酸素・窒素混合ガス)潜水

  • ヘリオックスに窒素を加えた3種混合ガスで、混合比は、ヘリオックスと同じく、酸素中毒にならない酸素分圧160kPa以下、窒素の比率は、窒素酔いにならない窒素分圧400kPa以下(高圧則第15条第2号)となります。
  • ヘリウムの割合が少ないため、音声歪みが小さくなり明瞭度が上がり、高価なヘリウムガスの価格も下がりますが、正確な混合精度が要求されるために製造コストは高くなります。
  • ヘリオックスより潜水深度は浅くなります。

潜水方式(潜水器、潜水設備)によるもの

  • 潜水器、潜水設備によるものとしては、
  • 1 大気圧潜水(硬式潜水)
  • 2 環境圧潜水(軟式潜水)

があり、以下それぞれについて見ていきます。

大気圧潜水

  • 潜水者が水や水圧の影響を受けないように硬い殻状の容器(耐圧殻ともいう)の中に入って行う潜水方式です。
  • 耐圧殻内は、大気圧(1気圧)の状態に保たれているため、潜水者は高気圧障害や潜水障害に悩まされません。
  • 最近は装甲潜水器とも呼ばれる一人用の大気圧潜水服も実用化されています。

環境圧潜水(軟式潜水)

  • 潜水者が潜水深度に応じた水圧(環境圧)を直接受けて潜水する方法で、通常の潜水の業務はすべて環境圧潜水です。

送気式潜水

  • 空気圧縮機などによる圧縮空気を船上からホースを介して潜水者に送気する方法でホース式潜水とも呼ばれます。
  • 送気式潜水は、水中での呼吸ガスの確保の心配がなく、長時間の潜水が可能です。
  • 潜水者の呼吸動作にかかわらず常に一定量の呼吸ガスの送気し、複雑な機構を要しませんが、大量の送気を連続して行う必要があります。
  • 代表的なものは、

    ヘルメット式潜水金属製のヘルメットとゴム製の潜水服により構成されるもっとも古い潜水器です。
    構造が簡単ですが、操作には熟練を要し、装備も重量で機動性も低いので近年は減少傾向にあります。


応需(デマンド)式潜水器

  • 潜水者の呼吸に応じて送気が行われ、息を吸い込むと送気弁が開き、送気が行われ、息を吐くときは送気弁が閉まって送気は中断するため、断続的な送気となり呼吸ガスの消費量はヘルメット式潜水器より少なくなります。
  • 代表的なものは、


全面マスク(フルフェイス・マスク)式
潜水器
顔面全体を覆うマスクとデマンド式(応需式)の潜水器を組み合わせた潜水器で、業務に多数使用されている。
簡易に脱着できる通常のものと、頭部全体を覆う、ヘルメットタイプやバンドマスクタイプなどがあります。
フーカー式
潜水器
送気ホースの先端に応需式潜水器(デマンド・レギュレーター)を取り付けたもので、現在は、ほとんどが全面マスク式になっている。
全面マスク式を慣習的にフーカー式と呼ぶことがあるが正確ではない。


自給気式潜水器(スクーバ式潜水器)

  • 潜水者が携行するボンベからの給気を受けて潜水する方法で、スクーバとは、(Self-Contained Underwater Breathing Apparatus)セルフ・コンティインド・アンダーウォーター・ブリージング・アパラタス、自給式水中呼吸装置の頭文字をとったものです。
  • 呼吸回路の相違から次のように区分されています。


開放式スクーバ潜水者の呼吸の排気が直接海中に放出される呼吸回路で、通常の潜水の業務に用いられている。
閉鎖循環式(リブリーザー)呼気をそのまま水中に排気せず、薬剤で排気の炭酸ガスを吸収除去し、酸素と窒素の混合ガス(ナイトロックス)などを添加して再利用する循環式呼吸回路をもつ潜水器。
リブリーザーとも呼ばれ、「閉鎖回路型」と「半閉鎖型」があります。


減圧(空気、酸素)方法によるもの

  • 減圧方法によるものとしては、
  • 1 空気潜水の空気を呼吸しながらの減圧方法(空気減圧)

があり、以下、それぞれについて見ていきます。

空気減圧

  • 空気を呼吸しながら、徐々に浮上、減圧停止しながら体内に拡散・浸透した不活性ガスの排出を行うもので、通常はこの方法が取られます。
  • まれに、減圧時間を短縮できることから、次の酸素減圧法も行われることがあります。

酸素減圧

  • 酸素減圧は、酸素を呼吸することによって、肺内の不活性ガス分圧を低下させることによって、分圧差を大きくし、体内に拡散・浸透した不活性ガスの排出を大幅に促進させ、減圧に要する時間を短縮することができます。
  • 水中で行う酸素減圧と減圧室内で行う減圧方法があります。

水中酸素減圧(水中で行う酸素減圧)

  • 今回の高圧則の改正において、浮上の際、減圧停止の深度から、呼吸ガスを酸素に切り替えて減圧を行う方法が認められました。
    • しかし、酸素中毒のおそれもあるので、十分な注意が必要です。
  • 酸素中毒を発症しても溺れることがないように、高圧則第15条第1号ただし書きで、溺水しないよう必要な措置を講じて浮上を行わせる場合には、220kPa以下とすると定められています。
  • この措置とは、顔から外れない全面マスク式潜水器の着用、「潜水ベル」や「潜水ステージ」(水中で使用するエレベータのようなもの)を使用することや安全に呼吸ガスを切り替える(ガス・スイッチ法)を行ったりするため、知識や技術の人員、設備などが整った状態で行われなければなりません。

再圧室減圧(水上酸素減圧)

  • 現在、高圧則第18条第1項第2号及び平成26年厚生労働省告示第457号において、M値(人体の許容することのできる最大の不活性ガスの分圧のこと、後述参照)を超えないことと定められているので、日本では行うことができませんが、世界では「水上酸素減圧」が実施されているので、どのようなものか簡単に記載します。
  • 深い潜水や長時間の潜水では、水中での減圧時間も長時間になることから、潜水者にも大きな負担がかかります。
    • ですから、ある程度の水中減圧のあと、残りの水中減圧をやめて、浮上後、直ちに再圧室(減圧チャンバーとも言われる。)に移動して残りの減圧を再圧室内で行う方法です。




powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional